忍者ブログ

[PR]

2017年12月11日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「Hostel」感想

2007年08月09日

hostel.jpg

Hostel観終わりました。率直な感想を言いますと「エロい、グロい、短い」

90分ほどで終わったのでかなりあっさり。内容はというと

始めの30分はおっぱいでまくりのエロい時間。ホラーには定番ですね。しかもかわいい人が多いw

しかし後のことを考えてると勃つものも勃ちません。

主人公たちは旅する若者3人組。目的は「ヤること」(何やるかは想像にお任せ)

開始5分経たない内に大麻をスパスパ。水タバコ?をスパスパ

そして風俗街へ出た3人は目的を果たすことに、しかし内1人は失恋のためか女には手を出しません

しかもその男はタバコが嫌いと言います。これはホラーに置いては重要です。

ホラー映画の死亡フラグ

・(未成年での)飲酒&喫煙

・セックス(エロ)

・ドラッグ

ホラー映画の生存フラグ

・顔がいい

・純朴

主人公

きっとその男が主人公だろうと思いました。田舎者っぽいし、未成年じゃないけど

しかしその考えは20分ほどで吹き飛びました。ポン引きに誘われて行った次の街のディスコで

ホステルのルームメイトの女の子といい感じのムードに・・・ちなみに口移しでLSDを貰ってます

んで部屋に戻って結局ヤっちゃう。ダメだこりゃ主人公で無い限り100%死にます。

とか思ってると一番女好きのお調子者が消えます。男前でもないのに調子に乗るから・・・

この時日本人(役)も連れ去られますがどう見てもチャイニーズ

片言の日本語は聞くに堪えない。ほんとひどい不細工だし、アジアンである必要はあったのだろうか?

んできっちりお調子者は殺られてましたwてかそのシーンすら省略とは哀れな・・・

日本人は「ユルシテ、オネガイ、タスケテ」などと叫んでました。ものっそい萎える。

とまあここら辺から謎解きがスタート。主人公と思っていた青年も拉致られました。

拉致先ではちょっと前に知り合ったおっさんと遭遇。手錠と足枷で椅子に固定された青年は叫ぶだけ

おっさんは電動ドリルを手に取り・・・あれ?その程度なの?今度はメスを取り出して・・・

おい!!観えねぇよそこじゃあ、あっ一瞬だけ切れ目が。次は何かとwktkしてたらあっさり死亡

( ゚Д゚)ポカーン あっさりし過ぎじゃね?まあ、あと一人いるし・・・希望は持てる

でもあとの一人は顔はいいし主人公っぽいから死なんだろうなあ。的なことを思ってました。

ちなみに拉致されてきた場所は『金で人が殺せる会員制のクラブ』というありきたりな設定

んで最後の一人も拉致されます。ちなみにこいつの相手はキチガイなハゲ

チェーンソーを取り出した時は期待できましたが青年の指を切り落として手錠から解放させてしまい

その後笑えるようなミスをして殉職。ここは笑うとこなのかな?

その後主人公補正によって驚くべき運の強さステルス性を手に入れた青年は次々と難所をクリア

この青年、クラブ関係者には容赦しません。バッタバッタと殺っていきます。

脱出寸前で青年は「タスケテー」というなんとも言いがたい叫び声を聞きます。

最初に拉致られた日本人の友達です。ちなみに助けに行ったは良いですが

顔は半分大火傷目玉もプラプラしてます。はさみで目玉を切る主人公も流石です。

日本人「イタイ、イタイ、イタイーアー」 もうね耳障りなぐらい片言でした。

そして脱出。途中自分たちをだました娼婦たちを轢き殺し(しかも生きていたほうを轢き殺しに戻ります)

ストリートチルドレンが追っ手を集団で撲殺するシーンは笑えました。

主人公がガムと引き換えに取引したんでしょうか?ストチルこえー

日本人は自分の顔の醜さを見て列車に飛び込み自殺します。そのおかげで主人公は楽に列車に乗車

このあとのラストは中々すっきりとまとまってました。主人公もいい感じで狂ってました。


感想としてはまあまあ楽しめました。もう少し長くてもよかったかな?

エロシーンはあんなに要らんからゴアシーンをもっと欲しかったです。

しかしスピード感もありテンポは非常によかったかと。

しかし緊迫したシーンであの気の抜ける片言の叫び声はほんと萎える。大減点です。

点数的には50点ぐらい?(エセ日本人がいなけりゃ55点)

この映画を勧められる人はいません。おそらく嫌がらせとしか取られないでしょう。

まあ超マゾor超サドの人は喜ぶかもしれませんねwww

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: