忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クライモリ デッドエンド

2008年08月07日
えー「クライモリ デッドエンド」観ました。

まずはあらすじ


男女6人で5日間森の中でサバイバルを行うTV番組「アポカリプス」

それに出演することになったキンバリーは目的地まで車で向かいます。

しかし、その途中で人をはねてしまいます。急いで駆け寄るキンバリー、血を吐き倒れている男

突然男は体を起こしキンバリーの唇に噛み付き唇を食いちぎりムシャムシャ

唇を食いちぎられ狂乱するキンバリー、その後ろには先ほどはねた男と似た容姿の男(奇形)

次の瞬間キンバリーは斧で見事に縦に真っ二つに・・・

場面は変わり「アポカリプス」の撮影現場へ

キンバリーが来ないのでプロデューサーが代わりに出演することになり撮影開始

しかしこの森はキンバリーを襲った奇形人間達の住処で・・・


あらすじ終

この映画は「クライモリ」の続編ですが繋がりが無いのでこれだけでも十分楽しめます。

開始6分で人が真っ二つになったり、人の解体&調理やらミンチやらとかなり過激だった映画ですね

奇形、近親相姦、食人などかなり危ない内容盛りだくさんです。

10分毎くらいに血肉が飛び散るかなりグロ度の高い作品

腸だの肝臓だのは当たり前のように出てきましたが脳はありませんでした。

今作にはホラー映画にありがちな(元)軍人が出てきます。

しかしホラーで軍人というほど死亡フラグな存在はいないわけで基本すぐに死にますが

今回の軍人は強い。奇形人間をばったばったと倒していきます。かっこよかったですが当然死にます

ちなみに登場人物は

主人公

おふざけ担当

お色気担当

元アメフト選手のトークンブラック

まじめ女(プロデューサー)

軍人女

元軍人男

TVスタッフ

です。まあホラー映画でお色気とギャグと軍人はお決まりですね。

あとプロデューサーが主人公だと思ってたのですが割りと早期退場をなさいました。

前作より色々とパワーアップしており中々良い作品だと思います。

前作は奇形人間の3人兄弟でしたが今作は家族でちゃんと文化的?な生活をしています。

結構笑えましたね見た目とのギャップに、この映画の撮影現場をぜひとも見てみたい。

奇形人間はかなりひどい奇形で俳優女優は誰かわからないようなメイクでした。

グロが好きな人にはもちろんオススメの一作です。あー久しぶりにいいわー
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: