忍者ブログ

[PR]

2017年08月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HOSTEL2

2008年05月19日
HOSTEL2観ました。多分誰もみないでしょうから最後以外存分にネタバレします。グロ注意




今回の主役は男ではなく女の子3人組+1です。

女の子が主役なのでエロ度が上がったかと思うとむしろ減ったような気がします。

でもエロくてもどうせ死ぬと分かってると興奮なんてしないんでどうでもいいですがねw

女の子3人組は正統派?ヒロイン、金髪アバズレ、地味な不細工ちゃんの3人+如何にもな美女です。

しょっぱな前作の主人公であり唯一の生き残りだった青年が出てきます。

ホラー映画に置いて前作の重要な登場人物というのは存在そのものが死亡フラグです。

まあきっちりあっさり首を切られてました。せめて死ぬシーンくらいあったっていいのにねえ

その後バイク便?により殺人クラブ(でいいのか?)のお偉いさんの元に

首が入っているであろう箱を届けたシーンで次の場面へ

主人公である3人の美大?生が登場しこれから旅行に行く計画を立てます。

そこに絵のモデルだったいかにも怪しい美女が旅行の話に食いつきます。

プラハ行きの夜行列車の中で偶然?にも3人と美女が出会います。

そこで美女からスロバキアのスパに行こうと誘われホイホイ着いていくことに…

前作の舞台もスロバキア、つまりこの美女は…

その後美女の紹介でホステルに泊まることに、1で出てきたあのホステルです。支配人?も同じ人でした。

支配人は3人からパスポートを預かり地下でコピーをとります。

その次の瞬間世界中の色々な人種の富豪層の携帯やPCに3人の顔と金額が

そう3人はオーディションにかけられたわけです。最終的にオーディションに勝った男は大喜び

一緒に行く予定だった友達にはしゃぎながら電話します。その友達は若干引き気味に喜んでます。

その後はホステルのある村の祭シーンが続きます。

まずは不細工な子が男にさそわれボートで散策に行きます。この男1で部屋番してたヤツかな?

んでそのまま袋かぶせられて拉致されます。目が覚めた時には真っ裸で逆さづりに

うへーシチュエーションと顔のせいで全くたぎらねえや

なんか前までのただの汚い個室と違ってロウソクの並ぶ儀式に使われそうな部屋で

後ろからオバハンが入ってきてこれまた全裸に…だから裸にする人物を間違ってるよ監督 ('A`)

オバハンはそのまま吊るされた不細工ちゃんのしたえ寝ます。ちなみに床はくぼんだタイル

大体することが読めました、オバハンは横にあったサイス(でかい鎌です)で不細工ちゃんを…

直接描写は無く音だけで大部分がオバハンの顔のアップだけでした。いやだから監督…

とどめはシックル(小さい鎌のこと)で首をスパーン、このシーンは普通でしたがインパクトが薄いですね

ちなみにオバハンは返り血を浴びて恍惚の表情でした。美女の生き血を浴びて喜ぶ…

モデルは残虐行為(生き血をあびたりetc...)で有名なエリザベート・バートリーでしょうか?

んでその後一人づつ拉致られていくわけですがヒロインが逃げる途中で

前回も出てきたストリートチルドレンが出てきます。やっぱ子供こええ(前回は大人を石で撲殺してた)

このときヒロインはまだ美女が味方だと思っていますが

美女の知り合いの家でだまされていたことが発覚

ついにヒロインも捕まります。その際生首の剥製が飾ってある部屋を発見するのですが

その部屋の奥には前作主人公の首が、美女の知り合い殺人クラブのお偉いさんの家だったんです。

そうしてあの汚い個室に連れて行かれ例の椅子に拘束されてしまい絶対絶命…

とまあこんな感じです。続きは観てのお楽しみです。たのしくはないかw




今回は以前より金かかった感もありストーリーもわりとしっかりしてましたが

エロ度は下がったような気がします。殺人クラブの掟や仕組みなどの説明したんでオレとしては満足

グロは中々でした。きつめのはラストの方にしかないような気がしましたが

男の肉を切り取って優雅に食事する老人や(男の生肉ってどうよ…)

犬に食われたヤツ、そしてラストに出てくる男のナニをハサミで…ああああああああああ

しかも妙にリアルで思わずキューっとしました。いやあれは精神的にあぶないね

まあ観て損しかないでしょうが好きな方にはオススメです。しかし1の方が私は好きだ。

日本人女性がチャイニーズだったが、今回もチョイ役の日本人が出ますがチャイニーズでした。

ラストは1どうようスカッとする終わり方です。しかもまさかのどんでん返しありでした。

悪くはないがなんか物足りない作品でした。
PR

このブログはフィクションです

2008年05月15日
どうも最近観たい映画があんまりなくて困ってる者です。

先日観た映画はカナダ映画(フランス語なのでケベック?)の「ノンフィクション」です。

配給元はアルバトロスフィルムです。パッケージで多分アルバトロスのヤツだと思いましたがねw

基本はずれ映画が多い配給元です。ただホラーも多いので私的にはありがたい。

以前見た「ビヨンドザリミット」もこの配給元でした。

ちなみにこの映画はパッケージ裏のあらすじ読んでおもしろそうと思い借りました。

ストーリー説明


ある人気小説家が指をすべて切断して自殺未遂を起こす事件が発生

その後手当てを受けた彼は精神科に入院します。彼は自殺を図った理由を語らず口を閉ざしたまま

困っていた彼の担当医のところへ雑誌記者が現れ彼の私物だった新聞のスクラップファイルを渡します

そのファイルに書いてある記事は彼の書いた小説の元となった事件ばかり

しかもその事件現場のほとんどで彼が目撃されていた。

さらに調査を進めると彼が最後に書いた小説は自殺を図る数時間前の事件と告示していた。

彼はその小説を2週間前から書いていたと言う、彼の担当医は1つの仮説をたてるが・・・


まあ簡単にいうと書いたことが現実に起きてしまうという。小説家のお話です。

しかも夢の中で指示されることなので書きたくて書いているわけではないのだから性質が悪い。

この映画はフランス語だったので始めのほうは聞いてて違和感がありましたがすぐに慣れました。

とりあえず感想をば

これは私的には当たりです。軽いネタバレになりますが宗教(悪魔?)が絡んできましたが

まあ設定上オカルトに繋がるのは想定内なので文句はなかったです。

そこそこテンポも良い感じだったと思います90分だったので疲れもしませんでした。

フランス映画だからか監督の趣味かは分からないですが多くの映像が色彩鮮やかでした。

窓から見える緑や光、本棚、病院内では緑の壁に電灯、真っ白な教会、カフェでの風景、髪の色など

あと主人公達の服装もかなり鮮やかな色使いでかなり目を引きました。

たしかにインパクトはあるのですが観てて若干疲れる上に少しくどかったと思いました。

ラスト真実があきらかになってからの盛り上がりは中々よかったです。予想外の微グロもありました。

オカルトとか受け付けない人には合わないでしょうが結構おもしろい映画だと思います。

ラストはかなりオレ好みで◎


あとDVD特典の新作DVD紹介で「デスバーガー」の予告を見て不覚にもおもしろそうと思いましたw

「デスバーガー」ってタイトルで興味はあったのですが観る気が起きませんでしたが

予告見て気が変わりました。今度借りようかと思います。


昨日も映画を1本借りてきました。待望?の続編「HOSTEL2」です。

1みたいにホテルにホイホイ着いていって拉致された挙句拷問されて死ぬという流れでしょうかね?

まあ今回もサディスティックホラーなんでしょうね、

パッケージにはリアル・ゴア・スリラーと書いてありましたが1はまさにそうでしたからね

今作にも期待します。期待はしますがとても人に勧めれる映画ではないですね。

こんなの勧めたら変態としか思われないでしょうしねw

それべ今日はこれでノシおやすみなさい

BBQ

2008年05月10日
2001人の狂宴観ましたよー

南北戦争で虐殺のあった南部の村で行われている感謝祭に北部の若者が迷い込むところから始まります

良いテンポで進みグロもそこそこギャグもありつつ

軽い気持ちで観れました。仲間の女の子がさっそく馬で四肢断裂されてその日の夕食に上がったり

ケツから串刺しにされたり圧殺されたりバリエーションも豊富で結構よかったです。

あと村人のキャラが良く立ってます。濃いキャラが多い多い。

基本みんな芝居がかってますが中でもお気に入りは村長です。

「今夜のディナーはBBQです」と言うセリフの「バ~ベキュ~」の発音がやたらおもしろかった。

ぜひともオリジナル版を観たいですね。TSUTAYAには置いてなかったですが

あのTSUTAYAはホラーが少ない。ギニーピッグシリーズとオールナイトロングシリーズは無かったです。

(詳細はググってくだちい後悔しないように自己責任で)

まあ置いてある方が問題ありそうですが第一変態かマニアくらいにしか需要ないでしょうからねこの映画

しかもバタリアン1がないくせに2以降はあるという謎っぷり。1から観たいのになあ・・・

この前見に行ったらエルム街の悪夢シリーズもなくなってたような・・・メジャーなホラーのはずなのに

エルム街の悪夢と13日の金曜日はコメディの棚にあるかもしれませんがw

そのくせなぜかド変態映画の「ソドムの市」が置いてあったり

「八仙飯店之人肉饅頭」も以前は置いてありました今は知らないです。

ソドムの市はニコニコ動画に上がってるので興味がある方はそれでご覧ください。オレはそれで観ました。

スカトロ(食糞)やら拷問やらホモセックスやらとかなり濃い内容なのでご注意ください。

スカトロは全くもって理解できんのでオレには合わない映画でした(全部観たけどね)

TSUTAYAはコミックレンタルとかいう訳分からんサービスは止めた方が良いと思うよ




GTA4は日本で発売されるんだろうか?

SAW4

2008年05月05日
SAW4観ましたよー

ネタバレになるので多くは書けませんが今回はテーマがしっかりとしてたので1並に楽しめた気がします。

3ほどグロくなかったですが耐性ない人は開始1分でKOされると思います(無修正解剖シーン)

罠はシンプルかつ痛々しいものが多かったです。口を縫い付けられたり

髪の毛を引っ張って頭の皮を剥ぎ取ろうとしたり、手足をもぎ取ろうとしたり、串刺しにしたりetc...

相変わらずですがだまされました。ラストに若干拍子抜け感がありましたがぜんぜんおk

今回も謎を回収しつつ謎を残していきました。これは5出るでしょうな

SAWシリーズ観てる人なら絶対観るべきですね。観てない人は1から観ないと分からないでしょうが

2001人の狂宴は今から観ます。楽しみでつw

第2弾もやるそうです

2008年04月27日
トランスフォーマー観ましたよ~

すげえ、すごかった。よかったですよ本当に

いや~原作?ファンとしては高速変形するリアルなトランスフォーマーは素直に感動ものです。

ちゃんとコンボイ(米版なのでオプティマス)をトレーラーにしてたのには感心。妙なアレンジ無しでした。

あのリアルなコンボイは本当ロボット好きにはたまらないでしょう。

変形は予想以上に細かく回数も多いので満足です。

不満は特にないですね。細かい所くらいしか(大尉がタフすぎたりスタースクリームの優遇(後述)とか)

今回観た限りではスタースクリームが優遇されすぎな気がしました。

基本的なポジションは参謀とか補佐と言った感じでメガトロンと再会して早々に怒られる辺りは彼らしい

んが、彼はF22(ラプター)をバンバン落としたり2対1でも平然と戦ってたり無双っぷりを発揮

確かに彼は強いんですよ原作でも、でもねえ・・・

ヘタレじゃないスタースクリームなんてスタースクリームじゃない!!小悪党なキャラが魅力

あんましゃべらなかったから仕方ないですが彼はヘタレなんです。スネ夫みたいなキャラ

でもまあF22にまぎれて襲い掛かったりエンドロールでこっそり宇宙に逃げてる辺りは彼らしいですw

この映画は当たりでしたね。まあ当たりと思ってましたがねやるじゃんハリウッド

人間ドラマ?なにそれ^^